ちょっと考え方を変えるだけで自然と望みが叶うコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

横浜の桜はまだまだ見頃です🌸

 

今日は天気が良かったので、
近所の公園でお花見をしながら
ミーティングに参加。

 

とっても豊かな時間でした^^

 

「ミーティングを公園でなんて、非常識な!」
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

でもね、
私にとってはミーティング一つでも、
豊かな時間にしていきたいのです。

 

 

部屋で参加することもできます、

でもそれは私にとって息詰まることなんですね…

 

特にミーティングの内容やメンバーによって、
結構わたしの心が揺さぶられます。

 

特に私とエネルギーの違うメンバーとのミーティング、
場の強いエネルギーに持っていかれそうになります。

正直そういうミーティングは憂鬱になって、
「いやだなぁ〜」「参加したくないなぁ〜」
そう思ってしまいます。

 

そういう自分がいるというのがわかっているから、
「どんな心持ちでいたいのか?」
というのを常に考えています。

 

その自分でいるには、
「じゃぁ、どうする?」となるわけです。

 

 

今日のわたしは、
「穏やかな気持ち」で参加したいと思ったわけです。

 

穏やかな気持ちでいるためには?

 

となった時に、

とっても天気がいいし、
まだ桜も見れるから、
自然の豊かさを味わいたいなぁ〜

 

そう思い、
公園からミーティングに参加しました。

 

 

わたしが今日お伝えしたいのは、

あなたは自分の在りかた(Being)、
心持ちとでもいいましょうか、

これをどのくらい日常で意識していますか?

 

わたしも意識しないと
すぐに目先の行動(Doing)にフォーカスしがちです。

 

例えば、

ビジネスの世界では、
結果がでない(Have)、
だからもっと行動(Do)しなくては!

よくありがちな現象です。

 

でも、
焦りや不安、
そういうのって、
あなたがそうは感じていなくても、
言葉の一つ一つ、態度の一つ一つに出ていて、
相手にインパクトとして伝わっているのです。

そして、
結果を得る(Have)ための行動(Do)、
の先にあなたの望んでいる「Be」があるとは限らないのです。

 

わたしを例にすると、

このミーティング嫌だなぁ〜、でたくないなぁ〜

このような心持ちでわたしが望むと、
本当にミーティングが無意味なものに感じ、
大切な学びを自ら排除してしまっています。

そして、
そんな態度は相手へ伝わり、
下手をすれば場を白けさせます。

 

極端な話、

ミーティングに参加(Do)している、
けれども何も得る(Have)ことすらできない。

Do – Do – Do…

そんな状態です。

 

 

 

何かをするには行動する(Do)のはとても大切だけど、
それよりも大切なベースとなるのが、
あなたの在りかた(Be)の部分。

 

あなたの在りかた(Be)があるから、
行動(Do)が生まれる。

その行動(Do)の先には、
成果(Have)が生まれる。

 

あなたの在り方を日常で意識していくこと、
これはあなたの心をフラットにするうえで、大切なことなんですよ^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。