助けを借りることが苦手な人に読んで欲しい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

友 人:○○ちゃん、手伝おっか??

あなた:ありがと、大丈夫!

 

《あなたの心の中の声》

あー、また大丈夫って言っちゃった…。

本当はしんどいんだけど…。

 

一人で考えてモヤモヤ…

どんどんモヤモヤが大きく強くなってきた。

誰かに相談したいけど…

こんなことで相談するのは悪いし…

もうちょっと頑張ったら抜けられるかもしれないし…

 

人に助けを借りることや、人を頼ることが苦手…。

 

このようなことで悩まれていませんか?

 

 

もしかしたら、あなたは仕事ができて、また責任感が強く、常に相手を考え、気遣いながら行動されているのではないでしょうか。

 

本当は誰かに助けてほしい、甘えたい…

 

その方が自分の心の余裕もできる、ということもわかっているんだけど…。

でもできない…。

人に迷惑をかけてしまうし、こんなことを頼んでもいいのかな、と思うと自分でやるしかない。

自分で頑張るけど、どんどん心の余裕がなくなってくる…

 

そんなあなた…。

頭であーだ、こーだ、悩んだり、モヤモヤしているようだったら、

 

素直に人に助けを借りよう!

 

「ちょっと話聞いてもらえない?」

「これ手伝ってもらえない?」

シンプルにお願いしてみてください。

 

でも…

だって…

そう思われるのなら…。

 

 

あなたが人へ助けを借りることで、相手は「あなたの必要としているものを与えることができた」そのように思うことができるのです。

 

相手は決して迷惑に思っていません。

 

あなたが助けを求めれば、求めるほど、相手は自身の存在をより強く、あなたを通して実感しているのです。

 

助けを借りているようでも、一方では与えているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。