決断の断捨離 | 成功者から学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

突然、予定したことがキャンセルに。

せっかく予定を開けていたのだから何かをしたい。

でも何をする?

 

先日ショックなことがありました。

留守電に一本のメッセージが。

折り返し電話をすると…、「お申し込みいただいたツアーの件ですが、不催行になりました。」と。

実は、12日(月)に尾瀬にいく予定をしていました。

2年前に電車で行ったときに、思わぬトラブルでたどり着けなかったので、「今回こそは!」と意気込んでいたんです。

車も電車もやめて、確実なバスツアーで行くことにしてたんですね笑

 

そんな矢先の電話で…。もう、ショックでなりません…。

尾瀬には縁がないようです…。さて、12日をどう過ごすか…

新幹線もしくは車で尾瀬にいくというのも一つ。キャンプに行くのも一つ、ゴルフに行くのも一つ。

いろんな選択肢があります。

 

これに限らず、私たちは日常で常に選択しています。
服を決めるのも、ご飯を食べるのも、関わる友達も、話す会話の内容も。

すべて選択の中にあります。

 

唐突ではありますが…。

成功者って、毎日同じ服を着ているって知ってますか?

  • スティーブ・ジョブズ
  • オバマ元大統領
  • マーク・ザッカーバーグ

これらの著名人が同じ服を着るというのは有名な話ですよね。

彼らはなぜ同じ服を着るのか、あなたは聞いたことありますか?

それは、選択の数を減らすためなんです。
私たちの日常は選択に溢れています。

どんなに小さな決断でも、その数を重ねるごとに、大事な選択のときする決断の精度が落ちてしまうから。

本当に決断しなくてはいけない時に、日々の選択疲れによって精度が落ちるのを避けるためなんです。

 

なにも毎日同じ服を着てください、と言っているのではありません。

 

【あなたがしないといけない】選択って本当はなんなの?

 

ということなんです。

 

例えば、仕事で何でも自分一人でやれてしまうかた。
以前の私は…。

人に仕事を任せて不十分な出来栄えに、自ら手直しする手間や、1から10まで説明する手間、などを考えると自分でやった方が早いと、大抵のことは全部やっていました。
それによって、

  • 自分の仕事は当然増える
  • 目先の業務に追われる
  • 時間に追われる

本当にやりたいことをやる時間が思うように取れずに、ストレスがたまり、どんどん心の余裕をなくしていました。
でもね、自分一人でやること、手直しを自らすること、人を信頼して任すこと、これってぜんぶ自分がした選択の一つ何ですよね。

 

自分にとって本当に大切なことに対して、あなたは決断できていますか?

 

そのためには、自分にとって本当に大切なことを明確にする必要があります。
あなたの人生で大切なことは?

別の言い方をすると、

あなたが人生において絶対に失いたくないものは?
ベスト5をあげてください。

ポイントとしては、【深く考えず】【直感】であげることがポイント。
「人生」を「仕事」などに置き換えて応用してもいいかもしれませんね。

 

そして、あなたその大切なものに対して、自分が納得できるような決断をしていけるよう、他の選択を断捨離していくこと
これって結構大切なのかなと、わたしは思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。