想いがないとビジネスは続かない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

起業初期に遭遇する分かれ道

起業したものの、ビジネスがなかなか軌道に乗らずに焦る毎日。
生活するには収入が必要。
できることはやっているけど、なかなか思うようにいかない。
頑張れば頑張るほど、空回り。

こんな想いの起業したての方って結構多いのではないでしょうか。

事実、私も起業当初ありました笑
はじめは貯金を切り崩してながら、次第に苦しくなりながらも踏ん張るという時が。
同じようなタイミングで起業した起業仲間と話していると大抵が同じような状態に陥っているんです笑

でも同じような状態にいる中でも、大きく2つのタイプがいたんです。

貯金を切り崩し、厳しくなってきたらバイトをしながらでも地道に続けていくタイプ。
もう一方は、生活の苦しさゆえにバイトを始め、次第に比重が大きくなり結果、起業から離れていくタイプ。会社員に戻る人もいました。

 

この2つのタイプの大きな違いは、一体なんでしょうか。

 

それは、「想い(ミッション)」があるかないか。

 

ビジネスは「想い」のための「手段」にすぎない

  • ○○が好きだったから、仕事にしています。
  • 自分が仕事として提供できるのは、○○だから、それで起業しようと思ってます。
  • 私には、○○しかありません。

いろんなお客さんや相談者さんの話を聞いて私が思うのは、皆さんビジネスの形にこだわりすぎということ。

フォーカスされるのは、たいてい「何をするか」ということ。

 

でもね、何をするのかというのは、「手段」に過ぎないのです。
手段とは、目的を果たすために使う方法ですよね。
その目的に当たるのが自分の「想い(ミッション)」にあたるのです。

 

例えば、「オアフ島のヒルトンで1週間ゆっくり非日常を味わう」という目的を立てた時に、初めて「そのためにはどうする?」という手段が現れてくるのです。

ホテルの予約をして航空券を取る。滞在中のプランを練りますよね。
そしてもし、直行便が満席であれば、経由でもチケットを取ろうとしますよね。そしてプランを練り直しますよね。

目的なく、漠然とハワイのホテルを取ろう、航空券を取ろう。そう思っても難しいですよね。

ハワイはハワイでも島はいくつもあるし、エリアも広い。
調べていてめんどくさくなってしまう。

でも、目的が決まっていれば、そこに近いホテル、その目的にあったホテルを探すことができる。

 

これはビジネスでも同じこと。

 

想いがあるからこそ、どんな困難をも乗り越え続けられる

目的がなければ、ただ闇雲に手段を試すだけになってしまって、自分がどこへ向かっているのか、何のためにやっているのかわからなくなってしまう。

そうすると、何か困難なことや壁にぶつかると、八方塞がりになってしまい立ちすくむ。そして、諦めてしまう。

でも想いがあるからこそ、なにか困難や壁にぶつかっても試行錯誤して、その想いを達成しようとする。

 

まさに旅行と同じですよね笑

 

私たちは、「感情」が動かないと「動かない」。
経済(人)は、勘定でなく「感情」で動いている。

だからこそ重要なのは、自分の感情が動く「想い」、心から響くような「想い」を持つことなんです。

 

想いと好きは違う

好きを仕事にといったようなフレーズをよく聞きます。
それはそれでいいと思います。

少なくとも私は、好きを仕事にというのはオススメしません。
そうではなく「想い」を仕事にすること。

 

「想い」と「好き」を仕事にするのでは全く違います。

好きを仕事にすると、好き嫌いになる。
例えばどんなに好きなものでも、それが義務になり、過剰になれば嫌いになるときもある。

 

これは私の知り合いでバイトを掛け持ちしてやっているある女性の話です。

彼女は、畑関係のお仕事と、もう一つしています。畑のお仕事はすごく好きで楽しいと。

だったら、「畑の仕事を一本にしたほうがいいのでは?」と聞いたところ、「それは違う」という返事が来たのです。

彼女曰く、週2ほどが一番いいと。
体力的にもいい。そして何より、毎日やるとなると、どんなに雨の日でも風の日でも、どんな気分が乗らないときでも、畑仕事をしなくてはいけなくなる。
そうすると好きが次第に義務になり、嫌いになってしまうから。

こう言っていました。

 

まさに私が言いたいのはこのことなんです。

 

心から響く「想い」を見つけるコツ

では、あなたが心から響く「想い」はどうやって見つけるのか?

それは、あなた自身のこれまでの人生の経験の中に必ずあります。

 

「なぜ起業をしたいと思ったのか?」「なぜいまの仕事を続けているのか?」こういったところから紐解いていくことができるのです。

 

起業とはとてもリスクがあります。なのに、あえてその選択をしたいという想いが。

いまの仕事が、「つまならない、イヤだ、と言いながらも、なぜ転職せずに続けているのか?」。イヤだったら、つまらなかったら辞めたらいいのです。でもそれをわかっていながらも続けている想いが。

からなずこれまでの経験の中に眠っています。
その経験を呼び覚ましていくことなんです。

 

これまでのあなたの人生を棚卸ししてみるといいですよ!

その時のポイントとしては、人生のターニングポイントを思い起こしてみる。

その時の感情面も含みで思い出せる限り具体的に状況を書き出してみること。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

どんな時でも諦めないビジネスを構築するミッションを見つける相談会

一人では難しいという方、まずは一度私に相談してみませんか?

これは私自身が一番大切にしている部分であり、メインに支援している部分であります。

 

方 法:対面もしくはZOOM(オンライン会議室)
場 所:対面の場合は、カフェラウンジなど落ち着いて話せる場所 時 間:60分程度
費 用:4,000円

相談会のお申し込みはこちら

SNSでもご購読できます。