相手に自分で考えて行動してもらえるようになる3つのコツ

1から10まで言わないと動けないのかな…。もっと自分で考えて行動して欲しいのに。何度言ってもこの人には響かない、もうなにを言っても無駄かな…。
言うたびに相手が自分のことを嫌っているのも態度を見てわかるし、そんな態度を見ると余計イライラする。もうこの人には関わらないようにしよう。でも言動が目につく…。本当に視界に入ってこないで欲しい…。

この記事をお読みのあなたは、もしかしたらこのようなお悩みをお持ちかもしれませんね。

私も会社員の時にこのことで悩み、結構イライラしてたな〜。もっと組織が良くなるようできることや可能性を伝えているけれども、相手に響かず、イライラし、相手に対し諦めの目で見てしまったり。一方で、思うようにいかないことに対しイライラ、自分に対してもどかしくなったり。

今回は、相手に主体的に考えて行動してもらえるようになるためのコツをお伝えしていきます。

続きを読む

想いがないとビジネスは続かない

起業初期に遭遇する分かれ道

起業したものの、ビジネスがなかなか軌道に乗らずに焦る毎日。
生活するには収入が必要。
できることはやっているけど、なかなか思うようにいかない。
頑張れば頑張るほど、空回り。

こんな想いの起業したての方って結構多いのではないでしょうか。

続きを読む

友達だからお金を請求できない…、そんな人が自分の価値を下げない秘訣

親しき仲にも礼儀あり

友達や知り合いからお金取るのはちょっと…

 

  • コーチの知り合いに、ちょっと相談聞いてもらえませんか?
  • 起業コンサルにの知り合いに、起業の相談に乗ってもらえませんか?

 

○○の仕事してたよね、よかった!

××についてどうしたらいいか相談に乗ってもらえない?

 

そんなコトを知り合いや友達から言われるコトってありませんか?

続きを読む

ちょっとした判断に迷うとき大切にしたい、成功する上で重要な○○

ちょっとした判断に迷うことってありませんか?

 

例えば…

電車が遅れていて約束の時間に遅れそう…。
ただでさえ、タイトなスケジュールなのに、遅れたら困るなぁ…
でも、遅れるって連絡して間に合ってしまうのも相手に迷惑をかけてしまうから…。
もう少ししたら運転再開するかも。だったらギリギリまで待とうかな…。

 

早い段階で決断して連絡する?それとも、ギリギリまで待って遅れるのが確定してから連絡する?

 

このような時、判断にとっても迷いますよね。

電車の遅れ一つにしても、再開のめどが立っていない時など本当に困りますよね。

どのタイミングで連絡するのがベストなのか?!
どうしたら相手に迷惑かけずに、穏便にコトが進んでいくのか?
できればコトを大きくしたくない…。

そう思いますよね。

 

 

これ、先日わたしに起きたことなんです。

田園都市線が、ちょうどわたしが乗ろうとしたタイミングで近隣の駅で運転停止してしまい、上下線とも動いていない状態。

最初は、少ししたら動き出すだろう。

そう思っていたんですが、どうも違いそうだ…。

ある瞬間にわたしの中で、直感が働き、これは連絡した方がいいと。

待ち合わせ時間まではまだ余裕はあるけど…、なんか胸騒ぎがする

 

直感を大切にする

正直、どのタイミングで連絡を入れるか。

そのことに対して、どれが正解とかどれが間違っている、ということはありません。

 

ただ言えるのが、胸騒ぎがしたり、不安感をずっと抱きながらギリギリ待つなら、その胸騒ぎや、不安に素直に従って連絡すること。

自己判断せず、助けを求めること。これってすごく大切なことだと思います。

結果、間に合ったらそれはそれでOK。それで怒る人はいないですよね。

 

日常で、特に仕事の場面では、相手に迷惑をかけたり、混乱させたくない、そんな思いからギリギリに行動しがちです。

でもね、裏を返すとそれってかえって相手に迷惑をかけているのです。

ギリギリで間に合ったなら、それはいいのですが…。

遅れた時に、なんで早い段階で連絡しなかったの?ということに。

早い段階だったら、対応できたものも、直前だと如何にもこうにも動けないということに。

 

どのタイミングで連絡するかは、自分の直感を信じること。

それは、胸騒ぎや、どうしようもない不安感。

そんな時はサインとして、受け止めて、その直感を信じてみること。

 

直感は決断力を高める

日常で、直感って使うことってあまりありませんよね。

直感って、理由や根拠はイマイチ説明できないけれど、なんかよくわからないけどそう思うことであったり、ふと心に浮かぶこと。

「もし間違っていたらどうしよう」「馬鹿にされたらどうしよう」という不安から、直感を口に出すことを躊躇してしまうのです。」

 

でもね、直感ってこれまでの自分の経験の上からできていると。
それを活かしていくと、物事って思いもしない方向に動いたりします。

 

起業家において、決断力はとっても大切です。
ほとんどが自らの判断で決断していく必要があります。

大抵、大切な決断をする時は、決断する十分な材料が手元にありません。

特に、人生の岐路に立たされている時やビジネスの方向を決めるときなど、十分な情報がない…、でも決断する必要が生じる。

このように情報が不足している時は、論理的に判断できないため、それを補うのが直観力となります。

 

いまを生きていて感じるのは、誰が真実を告げているのか、誰がそうではないのか見極めるのは困難であるということ。

このような時代であるからこそ、さらにあなたの直観力がビジネス、人生においても重要なんです。

決断力があること、それはビジネスでの成功の秘訣でもあります。

 

直感は大抵、突然、予期せぬ形でやってきます。

出てきた時が、その時。

後からそう言えば、と行動に移しても、もはや後の祭りです。

あれこれと考えないで、まずは「やってみること」がいいのです^^

この行動が、直感が当たっていても外れていても、あなたの行動を進め、学びを深めることにとっても役に立つのです。

 

繰り返しになりますが…

重要なのは、直感が当たっている、外れているということではないということ。

そこから、あなたの行動を進め、あなたの学びを深めることなんです^^

そこで直観力を鍛えることをオススメします!

 

直観力の鍛えかた

えっ、でもどうやって直観力を鍛えるの?と思いますよね。

ここからは4つの方法をお伝えしていきますね^^

 

1. いつもの習慣を変えてみる

時計を右腕につけているのなら、左手につけてみる。
右手でマウスを使っているのなら、左手に持ち替えて使ってみる。

人間の脳には、右脳と左脳があります。

左脳は論理的な思考を担当しています。言語脳、理屈脳とも言われます。

一方、右脳は、感性やひらめきを担当しています。

直感を着た出るためには、この右脳の働きを高めていくのです。

 

2. 感じたら、あれこれと考えないで、まずは「やってみる」

直感の最大の敵は、「人目を気にすること」。

あなたは本当はAの方がうまくいくと思っているのに、「みんながBの方が」というからBと、他人がどう思うかを基準に判断がブレてしまうことがありますよね。

結果的にAがうまくいくと、「だからそう思ったのに…と。

これでは他責になりがちです。

直感を鍛える上で大切なことは、周りがどう思おうと、自分を信じて自分の道を行くことです。

そして、直感が出てきた時がその時。

あれこれ考えずに、周りがどう思おうと、自分を信じて、まずは「やってみること」。

直感を口に出してみること、それに従って行動してみるだけでもどんどん直観力が鍛えられますよ^^

 

3. あえて新しいことにチャレンジしていく

直感は、第六感とも言われますが…。

あなたの中に蓄積された経験から導き出されるものなんです。

だからこそ、なるべく多くの経験の引き出しを持って、必要な時に瞬時に取り出す能力が重要になります。

そのためには、まずあなたの経験を増やしていくことが、直観力アップにつながります。

多くの経験をした人はそれだけ引き出しの数が多いので、とり出せる場面も増えていきます。

経験を増やすと言っても、大きなことでなくても全然いいのです。

例えば、まだ行ったことのない場所に行ってみる、あったことのない人に会ってみる、食べたことのないものに挑戦するなど、いろんな出会いと初体験を意識的に増やしていくことです。

 

4. 自分がリラックスした中で、ぼーっとすること

1日1回でも頭をからっぽにリセットするのです。

パンパンの頭にどれだけ情報をインプットしても入っていきません。

一度リセットすることで、情報が入っていきやすくなります。

多くの成功した人がしている習慣が瞑想。

何も瞑想を取り入れなくてもいいのです。

私の場合、岩盤ヨガが好きなので、ヨガに行く時間を大切にするとか、暗闇でろうそくの炎をただ見ていたり、深い深呼吸を数回したり。

時間と場所に応じて使い分けていますが、あえて無心の状態を意識的に作っています^^

 

 

胸騒ぎがする、なんかわからないけどこうした方がいいと思うんだけどなぁ…。

そんなときはあなたの直感を信じて行動してみる。

あなたの決断力がぐんとアップするだけでなく、物事が大きく好転していきますよ^^

売り込まないセールスで相手を惹きつける魅力の表現の仕方

売り込まずに相手を惹きつけられたらいいですよね。

セールスの場では、「いつ提案を切り出そう」「話があっちこっちに飛んで、どうしよう…今日その準備はしてないんだよなぁ…」などそわそわ。

常に臨戦態勢で、どうやったら思い通りの流れに持っていけるか、相手から一言を引き出せるか、そんなことを考えてしまうことって多いのではないでしょうか。

続きを読む

経営者・起業家が加速的にさらに一歩踏み出すための、ビジネス心理カード診断

経営者・起業家のためのビジネス「心理カード」診断

ビジネスにおいて、日常において、重大な意思決定を迫られた際に、心理カードとコーチングを使って、あなたが心から納得できるような解決の方向性を見つけられるようにお手伝いをします。

実は、この心理カードを用いたセッションは、お客様限定でやっていたのですが、大好評を頂き一人でも多くの方に体験頂けたらと、サービスの一つとして提供することを決断いたしました。

*会社員の方も大歓迎!

続きを読む